夫婦の交際費

ところで、夫のお友だちをあなたのお友だちにもする、あなたが夫の交際のなかへ積極的に入りこんでゆく、lそのためにはどうしたらいいのでしょうか?あなたがただ、世間ぱなししかおできにならない凡鮒な奥さまであるかぎり、これはちょっとむずかしいかと思います。夫の交際を、あなたの手で、ふたりの家庭の幸福にプラスになるように指導するためには、あなたじしん、夫の仕事、夫の興味、夫と友だちとの間に好んでとりかわされる話題について知っていなければダメです。つまり、あなた自身もつと勉強しなければいけないのです。あなたが、貧弱な会話の材料しかお持ちにならず、男同志のウィットについても、まるで無感覚でいながら、しかも、それでいて、夫の交際のなかへ入りこんでゆこうとなさったところで、それは無理というものです。あなたはいままで、夫の世界と自分の世界とを別々のものだというふうに、あたまからおきめになっていらっしゃらなかったでしょうか?いったい、交際という言葉は、たいへん奇妙なあいまいな言葉です。「若い男女の交際の仕方」というぱあいと、「どうも交際上やむを得ないのでね」と、毎晩酒気を含んで夫が帰宅するぱあいとでは、交際という言葉の意味も少なからずちがっております。じっさい、仕事と、仕事以外の交際ということをゴッチャにし、ケジメをつけないことが日本では普通になっております。あるいはまた普通、奥様がたの家計簿を見ると、夫の交際費(こずかい)は含まれていますが、妻の交際讃という項目はあまり見かけません。出会いはたくさんあるので、相性が合う人がきっと見つかります。
参考:出会い アプリ

DK176_L

1 response on 夫婦の交際費

  1. これはコメントです。
    コメントを削除するには、ログインして投稿編集画面でコメントを表示してください。編集または削除するオプションが用意されています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>